特撮感想

ここでは、「特撮感想」 に関する記事を紹介しています。

真実の涙をもう一度 参加日記はここから


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見ててください!俺の、変身!!

仮面ライダークウガ視聴終了しました。

平成ライダー一作目ということでお話はスタンダードに、人間を襲う怪人を仮面ライダーが倒すのが主軸です。
変身するときもメダルやメモリ、カードを必要とせず体の中のベルトのみ。

しかし早朝の特撮とは思えないような設定が多くあります。
まず登場する怪人グロンギが人を殺す理由は自分のランクを上げるための儀式でありゲーム。世界征服とかは全く考えておりません。
殺すことが目的でもあります。
あと警察と協力して戦うということ。
この警察は強化ロボスーツみたいなものは一切持っておらず、基本的に化学薬品が充填された弾丸を撃ち出す拳銃やライフル。
警察(人類)が自力で倒したグロンギは2人程度です。
クウガが搭乗しているバイクも警察所有のものだったりします。

クウガの見所はストーリーの進行と共に警察やグロンギ、社会が行動を変えたりリアクションを見せるところでしょうか。
例えば未確認生命体4号(クウガ)に対する反応のように。

しっかり視聴した平成ライダーの中では一番好きです。
特に警察との関係がよく、彼らの協力がなければ勝てなかった戦いが多くあります。
上記したように警察の戦闘能力は大したことはありませんが、その組織力によってグロンギの居場所の特定や分析など欠かせない存在でした。
中盤からは直径3kmを吹き飛ばす金の力の必殺技が使用できる環境づくりにも尽力してくれました。
また、主人公の五代雄介のキャラクターがあってこその関係だったのもよかったです。

Wikipedia 仮面ライダークウガの裏話も面白かったです。


杉田刑事と桜井刑事は名脇役だと思います。

スポンサーサイト
正直面白くなかった!!

まず基本的にデザインが格好良くない。
共通武器もケレン味がないというか小さい頭が…。
個別武器も板みたいなのばかりですし。
パワーアップ体も胸に頭って、邪魔やないか!
ロボもいくらおもちゃを増やしたいからってそのデザインはどうなのよ。
ヘッダーにこだわり過ぎた感があります。

全部奇跡でどうにかなるのもね。
ご都合主義にもそれなりの説得力がないと茶番にもならない…。

あと敵ヤベー感が全くないのも盛りあがりに欠ける要因かな。
強くはあったがヤバくなかった。
感情の炎が燃えるような因縁がなかった。


次週からは海賊戦隊ゴーカイジャーです。
戦隊版ディケイドですな。
こちらはメンバーのキャラも濃いみたいなのでぶっ飛びに期待。

ジュウレンジャーに思い入れがあるので活躍して欲しいです。
大獣神とドラゴンシーザーにも搭乗して欲しいですけどロボまでは登場させないんでしょうね。

仮面ライダー龍騎を視聴完了しました。
GEOとTSUTAYA両店で最終12巻がレンタル中でなかなか終わりませんでしたが…。

平成ライダーは情けない戦い方をするライダーとバリバリ戦うライダーがいますが、龍騎は前者。
個人的にはやっぱり視ていて萎えポイントです。
しかし、その他のライダーがバリバリ戦っちゃうタイプなのでこのへんは問題なし。
あと主人公城戸真司もうるさいタイプなので視ていてちょっと…。
その裏返しとして終盤は結構ヘビーな展開でした。


[仮面ライダー龍騎]の続きを読む
ゴセイジャー
予告の拘束プレイに笑ってしまったため記事にしました。

ゴセイジャーは普通すぎてあんまり面白くない…。
シンケンジャー並にしろとは言わないけどさ。
伏線の塊と言ってもブレドランはしつこいだけだしなぁ。
それにしてもレッド性格変わりすぎだろ…第二のブレドランになってもおかしくないレベル。

そろそろロボも箱の塊みたいなデザインをやめてほしい…がシンプルに別売り品をいっぱいくっつけることが出来るおもちゃ…っていうのも難しいしね。


黒服のシンケンレッドかっこ良すぎ。
合体しないフル稼働なおもちゃはやっぱり子供には人気でないんだよな。
プロポーションは凄くカッコイイんですけどね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。